女性ホルモンとバストアップについて

バストアップと女性ホルモンの関係とは

他のページでもちょろっとは書いているんですが、バストアップは女性ホルモンが鍵です。
その中で詳しく話していく今回の主役は「エストロゲン」と「プロゲステロン」になります。
ちょっと難しい話が出てきますけど、大切なことなのでしっかり覚えていってくださいね!^^

エストロゲンとプロゲステロン

まずエストロゲンとプロゲステロンの性質について話していきましょう。
エストロゲンというのは生理後から排卵日までだんだんと増えてきて
排卵日を過ぎると生理までの間だんだんと減少していく女性ホルモンになります。
このエストロゲンの特徴は、一言でいえば女性らしい体つきにするホルモンであるということ。
皮下脂肪を増やしたり、睡眠欲を増大、髪や肌に艶を出したりします。

これは排卵日に向けた生物の本能的な現象で、生殖に有利な状況を作るためです。
女性らしい体つき、フェロモン(?)、などで男性を誘惑する期間です。
そのためにエストロゲンが多く分泌されているときは性欲も増大傾向になります。
この期間を一貫して「卵胞期」と言います。覚えておくと便利ですよ^^

ところが、プロゲステロンは全く違う働きをします。
こちらの女性ホルモンは排卵後から生理までの間だんだんと増え
エストロゲンが分泌されるとともにだんだんと減少していく女性ホルモンになります。
このプロゲステロンは、子宮の働きを助けるなど、主に妊娠に関わる効果を発揮します。

もしも受精卵となって体内に残っていた場合、この受精卵の保護のために、
周りに攻撃的になったり、イライラすることが多くなったり、性欲は減退します。
この期間を一貫して「黄体期」といいます。こちらもできたら覚えておいてください!

実際には文章で書くようにあからさまな変化はないことが多いのですが、
こういった効果を持つ2つのホルモンがあなたの体には存在していること、
これが本当にバストアップを目指す上で重要になってきますので、覚えておいてくださいね^^
排卵日がわからないって方は コチラ のページで説明していますのでよかったらどうぞっ!
大切なのはバランスです。この「卵胞期」と「黄体期」のホルモンのバランスを崩すと、
体調不良に加え、不正出血や子宮で炎症などが起きてしまいますので、気をつけましょう。


女性ホルモン増やしたいんだけどっ!

女性ホルモンを増やすには大きく分けて単純に2つのことを行います。
それは「ホルモンバランスを崩さない、女性ホルモンの分泌を妨げることをしないこと」と
「ホルモンバランスを整える、それぞれの女性ホルモンの分泌を促進することを行う」こと。

今のご時世、社会ではストレスだらけです。
満員電車にハゲた上司、口の臭いおっさんに、口うるさいおばさん。(私の実例w
ありきたりって思うかもしれませんけど、ストレスって本当に体に良くないんですよ!

ホルモンバランスを崩す人って大体ストレスからきてます。
ですからたまには趣味に没頭するとか、好きなことをする、思いっきり泣いてみるとか、
ノンストレスデーっていうものを作ったほうがいいんですよ!


あとはこのサイトのいたるところで注意してますが、自分の手によって崩さない注意。
これもバストアップを目指していくにあたってかなり重要なところだと思います。
また、女性ホルモンの分泌を妨げることも同じで、
バランスが崩れればその分分泌は妨げられてしまいますし、
寝不足や生活習慣の乱れ、タバコやお酒なども本当は良くないんです!

そういったマイナス要素を取り除いてプラス要素を加えていくことが大切になってきます。


プラスの要素は…メジャーなところでいえばサプリメントの摂取です。
これは先に挙げたマイナス要素の要因も含んできますので十分注意が必要になってきます。
それと外せないのが恋愛、セックスです。
良いセックスは良い体といい関係を作るという名言があるように (今私が作りました ///
より良い恋愛をすることは女性の本来の能力で女性ホルモンが分泌されるようにできています!

あとは適度な運動や規則正しい生活、バランスのとれた食事はホルモンバランスを整えます。
サプリでいえば黄体期用の "ワイルドヤム" というサプリはホルモンバランスを整えますよ!

夜もできる限りゴールデンタイムは睡眠をとるようにする (できてない人が言うっていうw
みんなが口をそろえて言うことは、健康なくしてバストアップはない。これです!
健康=バストアップの定義と女性ホルモンのコントロール、
自らの美意識がバストアップのカギを握っていると、私は考えています!



このページの先頭へ

バストアップのカギを握る女性ホルモン、しっかり理解してバストアップに繋げましょう。